障害児福祉手当

[概要]

精神または身体に重度の障害があり、日常生活において常時介護を必要とする20歳未満のお子さんに対して、福祉の向上を図ることを目的として支給される手当です。
所得制限がありますので、基準額以上の所得がある場合、手当は支給されません。

[支給内容]

5月、8月、11月、2月に、前月までの3か月分をまとめて支給します。

手当額について詳しくは、下記のリンク先ページをご覧ください。
「障害児福祉手当」の手当額(全国版子育てタウンサイト)

※物価の変動に応じて年度ごとに、手当額が改定される場合があります。

[対象者]

下記の要件をすべて満たす、20歳未満の方
(1)施設、療養所などに入所していないこと
(2)お子さんまたは扶養義務者の所得が所得制限以内であること
(3)お子さんの障害の程度が次のいずれかに該当すること

  • 視覚障害
    ・両眼の視力の和が0.02以下のもの
    ・両眼の視力の和が0.03または0.04であり、かつ、視野障害が全視野の2分の1以上に及ぶ障害のため日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
  • 聴覚障害
    ・両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもので、高度難聴用の補聴器を用いても全く音声を識別できない程度のもの
  • 肢体不自由
    ・両上肢の機能に著しい障害を有するもの
    ・両上肢のすべての指を欠くもの
    ・両下肢の機能を全廃したもの
    ・両下肢を大腿の2分の1以上で欠くもの
    ・体幹の機能に座っていることが出来ない程度の障害を有するもの
  • 内部障害
    ・心臓機能障害
    ・呼吸器機能障害
    ・じん臓機能障害
    ・肝臓疾患(自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される状態にあるもの)
    ・血液疾患(自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される状態にあるもの)
  • その他の疾患
    ・1から4に掲げるもののほか、身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状があり、日常生活において常時の介護を必要とする程度のもの
  • 精神障害
    ・精神の障害については、日常生活において常時介護を必要とする程度以上
    ・知的障害の程度については、年齢階層別の障害の程度が最重度とされる知能指数が、おおむね20以下に相当するもの
  • 障害の重複
    ・身体の機能の障害もしくは病状または精神の障害が重複する場合であって、その状態が1から6と同程度以上と認められる程度のもの(療育手帳Aで身体障害者手帳2級など)

[申請できる人]

対象者ご本人、法定代理人、任意代理人

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「障害児福祉手当/手当等の支給制度(防府市サイト)」をご覧ください。

障害児福祉手当/手当等の支給制度(防府市サイト)

子育て応援情報

「幸せます」をシェアしよう
  • つぶやく